ファームウェア AC-WAPU

更新情報
Version情報 Ver2.8_B02
■変更点
  • マルチキャスト機能の追加
登録日 2015/03/13
対応機種 AC-WAPU
バージョン Ver2.8_B02
容量 1,825,685Bytes(ファームウェアファイルのみ)
内容 ファームウェア,手順書
ファイル uImage_v2.8_B02.zip
配布/著作者 因幡電機産業(株)環境システム事業部
使用方法

ダウンロードしたファイルを解凍ソフトウェアを利用して解凍してください。
解凍したファイルの「firmware_up_manual」の指示に従って、本体のファームウェアを更新してください。
※本更新作業はお客様の責任のもとに実施してください。
※ファームウェア更新は必ず有線LANポート接続で行ってください。

ソフトウェア使用許諾契約約款

このソフトウェア使用許諾契約約款(以下、「本契約」といいます)は、お客様と因幡電機産業株式会社(以下、「当社」といいます)との間で、Abaniact製品(以下、「本製品」といいます)に関するソフトウェアの使用に関して締結される契約です。
お客様は、ソフトウェアをインストール、複製、または使用することによって、本契約の条項に拘束されることに同意されたものとします。本契約の条項に同意されない場合は、ソフトウェアをインストール、複製、または使用することはできません。

第1条(著作権の帰属)
ソフトウェアおよびこれに付属するマニュアル等の関連資料(以下、これらを総称して「本ソフトウェア」といいます) に関する著作権およびその他一切の知的財産権は、当社に帰属するものとします。

第2条(使用許諾)
当社は、お客様が本契約のすべての条項を厳守することを条件として、お客様に対して、非独占的で譲渡不能な以下の権利を許諾するものとします。
①本ソフトウェアを本製品にインストールして、使用すること

第3条(保証の否定)
当社は、お客様に対して、本ソフトウェアを現状有姿にて提供するものであり、その内容、使用結果、的確性、特定目的との適合性、機能の実現性、データのバックアップ、バグその他瑕疵の不存在、瑕疵担保責任、および第三者の知的財産権の非侵害に関する保証を含めて本ソフトウェアに関して、お客様に対して一切の保証を行わないものとします。

第4条(免責)
1.当社は、本ソフトウェアの利用に起因してお客様に生じた通常損害、特別損害、機会損失、逸失利益、事故補償、本製品以外の製品(本製品と通信回線等により接続されているか否かを問いません)に関する損傷、損失、不具合、データ損失および不良を修補するための費用(人件費、工事費、交通費、運送費等をいいますが、これらに限られません)のいずれに関しても、一切の責任を負わないものとします。
2.当社は、本ソフトウェアを公開する期間中にお客様のご意見またはご指摘により、本ソフトウェアについて欠陥の修正または意見の採用を行った場合であっても、お客様に対して対価の支払等を行わないものとします。
3.お客様は、本ソフトウェアおよびこれを導入するコンピュータ、システム、機械、装置等との適合性を自らの責任によりご確認頂くものとし、当社はこれらについて一切の責任を負わないものとします。

第5条(禁止事項)
お客様は、以下の各号の行為を行うことはできないものとします。
①本ソフトウェアを複製すること。
②本ソフトウェアに関し、修正、変更、改変、結合、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等をすること。
③本ソフトウェアまたはこれらの複製物の全部もしくは一部に関して、第三者に対して販売、頒布、貸与、譲渡またはその他の処分をおこなうこと。
④本ソフトウェアを第三者に送信可能な状態でネットワーク上に蓄積すること
⑤本ソフトウェアに付されている著作権表示およびその他の権利表示を除去すること
⑥本ソフトウェアに関連する当社のインターネットベースのサービス、アカウント、コンピュータ、システムおよびネットワークに対して不正なアクセスを試みること

第6条(輸出規制)
お客様は、本ソフトウェアが日本国の輸出に関する規制の対象となることを了承の上、本ソフトウェアに適用される一切の国際法および日本法を遵守することに同意するものとします。

第7条(契約の終了)
1.当社は、お客様が本契約に違反した場合、お客様への通知を行うことなく、本契約を終了することができるものとします。

第8条(完全合意、分離可能性)
1.本契約は、お客様と当社に関する本ソフトウェアの使用許諾に関する完全なる合意であり、本ソフトウェアまたは本契約が適用されるその他の内容に関しての全ての以前の口頭または書面による意思表示、提案、表明よりも優先して適用されます。
2.本契約の一部の条項が無効となったり、法的な強制力を失ったり、あるいは非合法と判断された場合でも、その他の条項には影響を与えることなく完全に有効性が保たれるものとします。

第9条(準拠法および管轄裁判所)
本契約は、日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。本契約の履行および解釈に関して紛争が生じたときは、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

以上
Wi-Fi AP UNITは製品毎に固有のソフトウェアを搭載しております。
異なる製品のファームをインストールすると本体が故障し復旧出来なくなります。
正しいファームであるかを十分に御確認の上ダウンロードください。
過去の更新情報
Version情報 Ver2.7_B01 (登録日 2014/7/28)
■変更点
  • チャンネル選択をデフォルトで AUTO に修正
Version情報 Ver2.6_B07 (登録日 2013/6/13)
■変更点
  • リモート操作機能の追加
  • ログ機能の追加
TOPへ戻る