PoE(Power over Ethernet)の概略

給電スイッチングハブや給電アダプタなどを用いてLANケーブルを通して、
Webカメラや無線LANのアクセスポイントなどに電力を供給するための技術です。
LANケーブルは特殊なものを準備する必要が無く一般的なLANケーブルを使用できます。
但し、供給する電力の大きさにより使用するLANケーブルが指定されます

PoE(Power over Ethernet)の概略

※「IEEE 802.3af」対応はカテゴリー3以上 1ポート当たり出力電圧48V(最大57V)、最大15.4Wの出力が可能です。
※「IEEE 802.3at」、別名「PoE plus」対応はカテゴリー5e以上 1ポート当たり出力電圧50V(最大57V)、最大30Wの出力が可能です。

アバニアクト PoEシリーズラインナップ

導入事例

戸建住宅でご使用の場合

情報盤からWi-Fiを利用したい場所まで有線LANを配線し、Wi-Fi AP UNIT
を設置することで快適な電波環境を実現します。

戸建住宅でご使用の場合

構成例

  品  名 品  番
1 スイッチングHUB AH-08GP-01
2 情報コンセント AC-WAPU-300
3 情報コンセント AC-212VTLW-01
4 情報コンセント AC-22LW-01
集合住宅(インターネットアパート)でご使用の場合

各戸、PoEタイプにより配線コストを合理化するとともに、MDF/IDFのマネ
ジメントSWにより、管理センターから遠隔で設定変更などの管理することが
できます。

合住宅(インターネットアパート)でご使用の場合

構成例

  品  名 品  番
1 L2スイッチングHUB AML2-PS16-17GP
2 L2スイッチングHUB(PoE) AML2-PS16-17GP
3 スイッチングHUB(PoE) AH-PS4-05GP
4 情報コンセント(PoE) AC-PD-WAPUM
5 情報コンセント(PoE) AC-PD-WAPU
TOPへ戻る